透水性舗装のT.N.ベース 株式会社ファイナルマーケット

ゲリラ豪雨・集中豪雨、都市型水害対策に。透水性・排水性の外構工事に

お問い合わせ
MENU

ホーム > 品質・技術 > 品質 (ポーラスコンクリートの特性 2)

品質 (ポーラスコンクリートの特性 2)

POCの圧縮強度に及ぼす供試体の高さ/直径比の影響

わかりやすく説明しますと、POCの圧縮強度を管理する場合、打設箇所から採取したコア供試体が望ましい(※)のですが、コアは長さが短くなることが多いため、強度の補正式が必要でした。

そのため、新たに実験データにより、POCに関する長さ(高さ/直径比)強度補正式を提案しました。

※ 円柱供試体を別途作成して圧縮強度試験を行う場合、空隙の壁効果(供試体の周縁で空隙率が高くなる効果)等を考慮する必要があり、コア(実際の強度)と異なる傾向があったのです。

6段階のh/dによる供試体

6段階のh/dによる供試体

圧縮強度比と補正係数

圧縮強度比と補正係数

裏付け

(供試体の高さ/直径比がポーラスコンクリートの圧縮強度に及ぼす影響)

お気軽にご相談ください

ご不明点がございましたらお電話ください。専門スタッフが承ります。

TEL 0595-59-9500